精神科医のニア・ミスナイジェリアの太陽地域レポート伝統と文化−下野手仕事会−美術館だより栃木のステキ遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios

●このサイトでは、芸術・文化をテーマとしたさまざまなコラムを掲載していきます。

更新コラム
編集、制作 出版 企画
ビオス

 漆原智良氏の読書講演会が4月16日に宇都宮市にある市立南図書館で開催された。漆原智良氏は講演の最初に『僕と戦争の物語』(発行・フレーベル館/絵・山中桃子/2014年)の作品を発表した経緯を語り始めた。作品は戦争の非情さ、残酷さを少年の目を通して浮き彫りにしていた。多感な少年期を戦時下に生きた日本中の子どもたちの代弁者として声をあげているような講演に、氏と同世代の来場者たちは大きくうなずいては目を赤くし、若い世代は真剣な表情でじっと耳を傾けていた。満席の会場は感動の波が広がり、やがて、涙と笑いとなって、あっという間に講演会の時間が過ぎていった。

ビオス続き
漆原智良

巴里通信

太古の記憶を蘇らせた作陶
陶芸作家 - Andoche・PRAUDEL

【アンドシュ・プローデル】-

Andoche・PRAUDEL 1946年中央フランスのコレーズ県キャブラックで生まれる。1970年パリ・ナンテール大学で美術、哲学の博士号取得。画家として抽象画の制作発表をする。メキシコで日本人陶芸家と出会い、また日本の茶の湯の精神に魅せられ、哲学・絵画の世界から一変し、陶芸の道を志す事になる。釉薬が抽象絵画のような景色で、形式にとらわれない造形に独自の価値観を発揮する。

巴里通信続き


出版物タイトル
ライブハウス仮面

短い祭りの終焉−ライブハウス仮面館−

野添すみ 著

1974年(昭和49年)12月27日オープン1日目、冬の寒い日であった。
杮落としはフォークシンガー『高田渡』――そして、『なぎら健壱』らが!
本詳細 本一覧

イベント
イベントサムネイル

江戸の面影と浮世絵展

5月27日(金)〜6月26日(日)

宇都宮藩主 戸田氏−その歴史と文芸−

4月29日(金)〜6月12日(日)

家族のはなしをしよう〜美術でたどる家族カンケイ〜

4月29日(金・祝)〜7月3日(日)

旅する絵画

5月14日(土)〜6月30日(木)

「立松和平」夏休み!シンポジウム 南極にいった男

8月20日(土)

「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」展

4月24日(日)〜6月5日(日)

ヒュー・スコット=ダグラス展

4月16日(土)〜6月19日(日)
イベント詳細


更新履歴
  • 【イベント】2016/05/24 「江戸の面影と浮世絵展」を掲載しました。
  • 【イベント】2016/05/10 「家族のはなしをしよう〜美術でたどる家族カンケイ〜」「宇都宮藩主 戸田氏−その歴史と文芸−」を掲載しました。
  • 【イベント】2016/04/19 「二代広重の諸国名所百景展」「旅する絵画」を掲載しました。
  • 【イベント】2016/04/04 「漆原智良・山中桃子展〜物語の原画展〜」を掲載しました。
  • 【イベント】2016/03/30 「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉 展」を掲載しました。
  • 【イベント】2016/03/28 「シノザキウッドdeグッドフェア」を掲載しました。
  • 【イベント】2016/03/25 「ヒュー・スコット=ダグラス展」を掲載しました。
  • 【イベント】2016/02/08 「荒井寛方名品展−郷土に伝わる名作−」を掲載しました。
  • 【イベント】2016/02/02 「伊藤浩子デビュー25周年コンサート〜巴里のエスプリと和モダンの世界〜」を掲載しました。
  • 【イベント】2016/01/08 「第19回 栃木日展作家展」を掲載しました。
  • 【イベント】2016/01/07 「県内文化施設協働展 とちぎの“イッピン”大集合」を掲載しました。
  • 【お知らせ】2010/10/19 ホームページリニューアル
ページのトップに戻る